MENU

da Vinci とは

京都市立西京高等学校卒業生が運営する自習室「da Vinci」です!

みなさんも勉強に集中できなくて困ったことがあると思います。 そこで、私たちが理想の自習室を作りました! 現役大学生に勉強を聞いたり、進路相談をしたりできる居心地の良い「da Vinci」です。

▼挨拶

はじめまして!da Vinci 代表の別府侑河です。私たちは京都市立西京高等学校の卒業生なのですが、その後輩をサポートする自習室を2019年2月18日にオープンします!

代表:同志社大学理工学部電子工学科2年 別府 侑河

副代表:同志社大学経済学部経済学科1年 佐藤 琉生

京都大学や大阪大学などの現役大学生の先輩が中高生のさまざまな相談に乗ってくれる居心地の良い自習室

 

【事業内容 】

・長時間勉強に集中できる場所の提供

・SNSでの質問対応

・大学生のチューターの勉強指導や進路相談

・大学選びに有効な情報提供

・定期的なセミナーや講義

▼なぜ da Vinci なのか?

ちょっと15分と思った休憩がいつのまにか3時間になっている。家では勉強に集中できない。そんな経験あると思います。でも、進学塾や予備校に通うのは経済的に厳しい……。カフェやファミレスでは長時間勉強することができない……。

そこで、大学生が勉強を教えてくれる da Vinci です。自分がわからないところをピンポイントで教えてくれるので、非常に効率よく勉強することができます。また、勉強のしかたや学習計画の立て方も学ぶことができるので、自習の精度をあげることもできます。

da Vinci は大学受験にも非常に効果的です。実際に西京で勉強して大学に合格した先輩が、その人に合った勉強方法を教えてくれます。同じ学校に通っていたので、カリキュラムや指導方針もよくわかっているので、よりその人に適した教え方をすることができます。

今の大学受験はそれ自体が目的になっています。しかし、本来大学受験は大学で学ぶための手段であり、そのために受験勉強をしているはずです。

私は現在理工学部電子工学科に通っているのですが、入学するまで電子工学科と電気工学科の違いもわかりませんでした。そして今学んでいる内容は少し興味とずれてしまっています。これは学科選びを正確にできなかったためです。また、私の周りには入れたからこの学科に来たけれど、学ぶ内容には全く興味がないので全然面白くないという人が大勢います。そうなると、貴重な大学生活を充実したものにできなくなります。つまり、入学してからどうするのかという目的を明確に持つことが大切なのです。

そこで da Vinci は勉強のサポートだけではなく、大学選びにも重点を置いて活動していきます。具体的には、現役大学生が自分の通っている大学学部学科について記事を書いたり、大学選びのセミナーを開きます。

中高生時代を勉強や惰性でする部活で終わらせるにはもったいない!

da Vinci ではそれぞれの現役大学生がそれぞれ専門的に学んでいることを紹介し、一緒に学ぶこともできます。数学や社会などの参考書とにらめっこしながらする勉強だけでなく、デザインや建築など学校では専門的に紹介されないようなことも知ることができます!

私は中高生のころからずっとプログラミングに興味がありました。中高生のころもそれを学んで遊んでみたいと思っていたのですが、なにから始めれば良いかわからず、どの本を読んだら良いかもわかりませんでした。そして現在、大学生になって講義や自分でプログラミングの勉強をしているのですが、その分野を教えてもらわなくてもどの本を読めばよいか教えてもらうだけで非常に助かり、道が見えます。

そんな経験から、中高生でも大学生になってから専門的なことを学ぶのではなく、中高生のうちから興味のある分野について触れ、学び、ジブはなにが好きなのかをもっと深く広く知ってほしいと思っています。

例えば。デザインやイラストに興味がある人にはデザインの勉強をしている現役大学生がおすすめの本や建築についての基礎知識を教えます。そうすることによって、自分がしたいことをするにはどんな知識が必要かを明確化することができ、より学校の勉強へのモチベーションがあ上がります。